• じょうね 幹也ホームページトップへ
  • お問い合わせ

じょうね 幹也の想い 重点ポイント

じょうね幹也は、弁護士としての経験と若い情熱を生かし未来につなぐ想いに挑みます!
Q.どうして、じょうね幹也は小牧市長選挙に挑戦するの?
A.公正でクリーンな市民主役の市政を実現するためだよ!
 現在、小牧市では、駅西の新図書館やラピオの「こども未来館」計画のように、多額の財源を必要とする事業を市民の声に耳を傾けることなく市長の独断で強引に進められ、税金のムダ使いがされようとしています。また、テレビや新聞で報道されたように「こども未来館」関連の契約では、市の予定価格と業者の見積額が100パーセント一致していたことなど、強く不正が疑われるような随意契約が、平然といくつも繰り返し行われています。
 このままで小牧市民は本当に「幸せ」になれるのでしょうか?
 じょうね幹也は、現状の小牧市政に大きな疑問と危機感を持ち、市政運営を変えるために立ち上がることを決意しました。
 じょうね幹也は、市民の声に広く耳を傾け、公正でクリーンな小牧市民のための小牧市政を実現するため、小牧市長に挑戦します。
じょうね幹也
Q.小牧駅西の「新図書館」と、ラピオの「こども未来館」の建設計画をどうするの?
A.2つの建設計画をストップするよ!
 現在、小牧駅西に新図書館の建設(約50億円!)が進められています。3年前の住民投票では多くの市民が反対し、新図書館建設は白紙となったはず…。
 さらに、ラピオには市の計画にもなかった大型遊具を配置した「こども未来館」(約22億円!)が突然発表!これは新図書館をラピオに入れないため(?)これらの維持管理費は、なんと毎年約4億円!?
 じょうね幹也は、これらの事業を直ちに見直します。
 これらの事業は将来の小牧市のために、本当に必要なもの? 今なら次世代にツケを回すことなく、これらの事業をストップすることが出来ます!
 じょうね幹也は、対案として「こども未来館」計画を中止し、子どもの遊び場として身近な公園等を充実します。
 また、ラピオに新図書館を図書館本館として整備し、分館を充実します。これにより、数十億の予算削減を生み、ラピオの空床問題も同時に解決できます。
じょうね幹也
Q.じょうね幹也の政策を具体的におしえて?
A.おもな政策はこれだよ!
健康で安心なまちにするために
・80歳以上の方へタクシー利用券の配布
・在宅介護・在宅医療体制の推進強化
・障がい者の就労や社会参加の支援
・特別養護老人ホームやグループホームなど
地域に密着した高齢者施設の充実
・認知症対策を重点的に取り組む
              など
子育てと教育を充実するために
・小中学校給食費の第三子以降の無料化
・第二子、第三子 出産奨励手当の創設
・「子育て世代包括支援センター」の更なる機能の充実
・小中学校の特別教室へのエアコン設置
・老朽化した保育園・小中学校の建替え
                など
産業と経済を活性化するために
・次世代成長産業と起業の支援
・モノづくり小牧の推進
・新企業団地の開発
・東部地域のハイウェイオアシスと
スマートインターチェンジの整備支援
                など
安心・安全、
住み良い小牧とするために
・災害時の生活必需品の備蓄充実
・桃花台活性化のための「桃花台まちづくり課」の設置
・巡回バスの更なる充実と広域運行の推進
・交通渋滞の解消
       など
じょうね幹也
想い重要ポイントをダウンロード
お問い合わせ Facebookページ 活動ブログ
マンガでわかる小牧市政の問題
マンガでわかる小牧市政の問題
マンガでわかる小牧市政の問題